関連記事

【7拍子】No Name Horses(小曽根 真) - Stepping Stone

うつくしい・・・

と、聴くたびに感動する曲です。

普段、自分が7拍子に惹かれるのはスピード感とか、つねにシンコペしてるような感覚が好きだからなのですが、この曲は別次元ですね。純粋に曲が良いのです・・・

なにはともあれ、お聴きください。


ピアニスト、小曽根真さん率いるビッグバンド、No Name Horsesのセカンドアルバムから「Stepping Stone」という曲です。

6年以上前ですが、Yahooで7拍子ブログを書いていた時に、三木俊雄さんという方から、コメント欄でこの曲を紹介されました。で、試聴して気に入ったのでCDを購入し、ブックレットを読んでたらびっくり!? 三木さんはなんとこの曲の作曲者じゃないですか!
No Name Horsesにも参加されている、第一線で活躍中のサックスプレーヤーでした。
三木さんの公式HP⇒http://mikitoshio.com/

ご紹介頂いたはいいものの「三木さんの曲をYoutubeにアップしました」とは言えるわけもなく、多少の罪悪感を感じつつブログを書きました・・

罪滅ぼしに、収録アルバムの宣伝をしておきます(アフィではありません)
NO NAME HORSESの『 II 』 というアルバム
CDだとAmazonで現在¥2,533(https://www.amazon.co.jp/dp/B00118YMUE/)
試聴するなら、iTunesが良さげ(再生時間が長い)⇒データ購入で¥2,100(https://itunes.apple.com/jp/album/ii/id273739587)

3曲目のイントゥ・ザ・スカイも自分的にはツボ。iTunesの試聴でけっこういいところまで聴けるのでぜひ♪

カウンター付き動画のメイキングはこちら↓
http://lackofsleeeep.blog.fc2.com/blog-entry-8.html

投稿の都度、Twitterで告知します。フォローよろしく~
https://twitter.com/lackofsleeeep
関連記事

Jazz Standard Bible、通称『黒本』の1と2を合わせた索引(index)を作りました

ジャズ・スタンダード・バイブル(通称 黒本)、1巻+2巻の収録曲を探しやすいようにまとめました。

『あの曲は収録されてたっけ? 収録されてるとしたら1? 2?』と思うことがたまにあるのですが、両方合わせた総合索引があると便利だよなぁと思っていたので作りました。自分は表紙をめくってすぐの所に貼り付けました。
JazzStandardBible.jpg

PDFをこちらからダウンロード可能です。ご自由にお使いください。

本当は邦題や(酒とバラの日々とかおいしい水とか)、通称(アナザーユーとかよるせんとか)も含められたら便利なのですが、そこまでは手が回りませんでした。『わたしがやってみます』という方は、原本のエクセル版もダウンロード可能にしておきますので、ご自由に改変して下さい。その際は、わたくしめにも改良版を下さい/笑

ところで...
黒本2を使ってる方に知っておいて欲しい大事なお話があります。
黒本2の方は2017年2月に改訂版が出ているのですが、"著作権の関係"との事で15曲削除、代わりに同数の15曲が追加されました。セッションで、持ち寄った黒本2が版違いということもあり得るのでご注意ください。
自分が作成したリストには、旧版と改訂版で変更になった曲が分かるように記載しました。みなさまのお役に立てましたら幸いです。

ちなみにパットメセニーの曲は5曲すべて削除されてしまったのですよね~、残念!! とくに"Bright Size Life"と"James"はセッションで演りたいなぁと思っていたので・・・。メセニー好きな方は在庫があるうちに旧版をゲットです!
ただ、興味深いのは改訂版には"Teen Town"が収録されたのですよね。ジャムセッションで演る事あるんか!?という疑問はありますが、誰かにトライしてもらいたい・・・

ではでは~♪
関連記事

【7拍子】初音ミク - The Chicken(ザ・チキン)

久しぶりに奇数拍子の曲をご紹介です・・・、カバー曲を紹介するので、肝心のオリジナルを知らない方はこちらをまずはお聴きください。あ、こちらは普通に4拍子です。


この↑演奏はジャコ・パストリアスですが、本当のオリジナルはジェームスブラウンのバックバンド「JB's」らしいです。でも、ジャコ・パスがたびたび演奏して、『チキン=ジャコパス』というイメージが強いです。
ジャムセッションでは定番曲ですね。


さて、オリジナルを踏まえたうえで、7拍子チキンを・・・・
初音ミクなので、拒否反応を示す方もいるかもしれませんが、なかなかの秀作です。何はともあれ、お聴きください。


ニコニコ動画にどなたかがアップされていたのをずいぶん昔に見つけて、『これは面白い、いやなかなか良くできてる』と感心しました。

ニコニコの元動画はこちら
『初音ミクがザ・チキンを歌ってくれたよ~8分の7の純情な感情~』

ニコニコ動画の投稿者を含む情報は↓こちら(ニコニコのアカウントが無いと開けません)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7202048

この投稿者さんとは気が合いそうです/笑
カウンター付き動画のメイキングはこちら↓
http://lackofsleeeep.blog.fc2.com/blog-entry-8.html

投稿の都度、Twitterで告知します。フォローよろしく~
https://twitter.com/lackofsleeeep
関連記事

『1000人ROCK』というフェスに参加してきました

もう1ヶ月も前のことですが『1000人ROCK FES.GUNMA』というイベントがありました。

Facebookにさらりと書いて終わりにしようと思ったのですが、一生の思い出になる出来事だったので、保存用にブログに残しておきます。

まずはご覧ください。
この中で自分もドラム叩いてます/笑。
  ↓


1000人ROCKで検索すると、公式ホームページや個人がアップした動画やSNS記事がたくさん出てくるので、興味ある方はぜひ検索してみて下さい。



さて、2年前に遡りますが、こんなイベントがありました↓

Foo Fighters Rockin1000

イタリアのファンが、フーファイターズ(アメリカのバンド)を地元に呼ぶために企画したフェスらしいのですが、自分は2年前にこの動画を見たとき『楽しそう!自分もこんなフェスに参加したい!参加したい!参加したい~!』と熱望してました。

そしたら、今年の2月にニュースで『6月に群馬県渋川市で1000人でBOØWYを演奏するフェスを開催する』という話を知りました。
http://jomo-news.co.jp/ns/2614872632984543/news.html

なんと先着順というから、迷わず即、応募しました。

そして6月3日(土)に、たった2曲のために、はるばる渋川市まで車にドラムを積んで行ってきましたよ~。ひとりで行ってひとりで帰ってきましたが、現地でお知り合いになった方もいて貴重な体験をしてきました。


実は、日が近くなるにつれ、演奏面や運営方法で心配な点がいくつかあって、主催の渋川市青年会議所へ何度かメッセージを送り、丁寧な返事も頂いたのですが、なにせ日本初の試みでもあり、予算も人手も限られている・・という状況で、元祖Foo Fighters Rockin1000には遠く及ばない内容となりそう・・・な予感がありました。主催者から演奏面での指示がすごく少なかったのですよね・・。

なので、直前には自分のFacebookに『ぐだぐだになりそう』と、書いたのですが杞憂でした!
午前中にリハがあって、まずはドラムだけで1曲通したのですが、もう完璧!!!!『すげー』と声に出してしまいましたよ。
ドラマーの参加者は70~80人ぐらいだったと思いますが、みんなしっかり仕込んできたな・・という感じです。(応募は100人でしたが、キャンセルがけっこうあったらしい・・・)
そのあと、ベースを加えて・・ギターを加えて・・ボーカル入れて・・・とリハを重ねましたが、もうほんと感動ものの完璧さでしたね。
リハの段階で感動MAXでした。

お昼休みがあって『日本三大うどんの一つ』と言われる水沢うどん(恥ずかしながら初めて知りました)を二軒はしごして来ました/笑

午後に本番。

動画の通り、あっという間の10数分間でした。
公式動画にはありませんが、会場から『アンコール!アンコール!』との声が沸き上がって、なかには「ノーニューヨーク」という声もあって、ひょっとしたら急きょやってたかもしれませんが、主催者もこのアンコールはまったくの想定外だったようで・・・『B-BLUEをもう一回演りましょう』という事で、実際には3曲叩いてきました。3曲目はとくに楽しかったですね~


たぶん日本初のイベントだと思うのですが、そんなフェスに参加出来て光栄でした。
来年も「1000人ROCK FES.GUNMA」があるかどうかは決まってないようですが、参加者は北海道から沖縄の方までいて『家族で来ました』『伊香保温泉に2泊です』という人も結構いたので、渋川市もかなりの経済効果があったと思いますよ。ぜひ開催してもらいたいと思っています。

「まるさんはBOØWYファンだったの?」と疑問のお方はこちらを読んでいただいて...。
BOØWYでもAKB48でも氣志團でも(千葉県出身)なんでもいいので、同じようなイベントがあれば、またぜひ参加したいです。この先、似たようなイベントが全国に広がってくれるといいなぁと願っています。


追伸
アンコールの演奏や当日のオフショット的な動画も公開されましたね。

関連記事