FC2ブログ

ルーフトップコンサートから49周年

『ルーフトップ・コンサート (Rooftop Concert、Rooftop Performance) とは、1969年1月30日にビートルズがイギリス・ロンドンにある当時のアップル社の屋上で映画撮影のために突如行ったゲリラライヴである。事実上ビートルズの最後の歴史的なライヴ・パフォーマンスとなる。』 ~ウィキペディアより一部引用

このルーフトップ・コンサートですが、タイトルにも書いた通り今年で49周年なんです。

ビートルズのみならず音楽界にとっても伝説的な出来事で、50周年というメモリアルな年になる来年は世界中で話題になるだろうーなーと思ってます。
なので自分が来年ブログに書いても埋もれてしまうので、1年早くに書いてしまいました/笑

ここでルーフトップコンサートの事を物知り顔に書いてるとボロが出てしまうので、興味ある方はネットで検索してみて下さい。背景にはいろいろ切ない話もあるのです・・

ルーフトップコンサートのオフィシャルな映像から一つ...




さて、ビートルズネタをたまに書く自分ではありますが、にわかファンです/苦笑
『有名な曲ぐらいは知っている・・』程度のリスナーでしかなかったのですが、訳あってビートルズの公式アルバム(英国盤)はず~っと昔(15年ぐらい前?)から持っていました。
...なんですけど、真面目に全作聴いたのはほんの数年前です。

4~5年前に『やはりビートルズは教養として聴いておかねば・・・』と一念発起して、デビューアルバムから順番に全作品を通して聴いてみました。
 Please Please Me
 With The Beatles
 A Hard Day's Night
 Beatles For Sale
 Help!
 Rubber Soul
 Revolver
 Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band
 Magical Mystery Tour
 The Beatles (White Album)
 Yellow Submarine
 Abbey Road
 Let It Be
 Past Masters
全226曲 総再生時間10時間21分です。

発表順に聴いてみると、その音楽性の変化に驚きます。それもたったの6~7年での出来事というのがさらに驚きです。(デビュー作Please Please Meが1963年3月発表、最後のスタジオ録音盤であるAbbey Roadは1969年9月発表)

ビートルズってすごいバンドだったんだなぁ・・と聴いてて思ったのですが、とある曲のとある歌詞に耳が留まりました。
英語はぜんぜん出来ない自分ですが、『You never give me your money~♪』という歌詞は聞き取れたのです。これぐらいの英語なら中学生でも分かる平易な文章ですが、『あなたは決してお金をくれない』って!?

聞き間違いかと思いました。

なんじゃ?この歌詞は・・・
と思ったところから、ビートルズに深くはまっていくことになるのです。

タイトルはそのものずばり『YOU NEVER GIVE ME YOUR MONEY』です。
作詞作曲は、ポールマッカートニー。
まず歌詞全体の和訳をいくつも読んでみました(訳した人によってかなり解釈が違うので注意が必要です)。そうすると、さらに「なんでこんな歌詞を書いたんだろう??」と疑問を感じて、いろいろ調べてみました。

ビートルズ関連のエピソードは、探せば山のように出てきます。みんな恐ろしいほどマニアックで詳しく書いてくれています。
そして、当時のビートルズが置かれていた状況やメンバー間の複雑な事情が分かってきました。
・マネージャーの死去、後任選びによるメンバー間のあつれき
・新マネージャーの悪評(金の亡者といえるのでは・・)
・解散間際のビートルズをとりまく金銭問題
・バラバラになりそうなメンバーをまとめようと悪戦苦闘するポールマッカートニー
・でも、空回りしてかえって孤立感を深めるポールマッカートニー
...などなど。

その辺を知ったうえで、この曲をあらためて聴くと非常に感慨深いのです。
なかなかおススメ音源がないのですが、探した中ではいちばんオリジナルに近い?

これ、間違いなくご本家だと思うのですが、ブートレグ?


さて、この曲の背景なんかが分かると、他の曲の成り立ちなんかも気になりだして、あらためてデビュー作から1曲、1曲のエピソードを調べながら聴き返してみました。
さらには、バンド結成前から解散後までの逸話もたくさん読んでみました。
・ジョンレノンとポールマッカーの出会い
・デビュー前の下積み
・人気絶頂からのライブ活動中止
・忍び寄るメンバー間の不和と解散への予感
・解散前後の驚くような事実

まるで一編の小説を読み終えたような気分でした。

そんなこんなで、ビートルズの音楽だけでなく、ドラマチックな歴史にはまってしまいました。
でもにわかファンですが・・

身の回りには筋金入りのビートルズファンが多く、あまり講釈を垂れているとボロがでるのでこの辺で・・・



ところで、前回載せたGet Backの動画へのオマージュで、斉藤和義さんがPVを作っているのですが、これが秀逸なので載せておきます。

John Lennon

Yahooでブログを書いていた時代も含めて、過去12月8日の前後には、ちょくちょくジョンレノンにまつわる話を書いています。
2010年12月8日
2011年12月8日
2014年12月7日

手抜きで恐縮ですが、今回は2010年の記事の焼き直しです。


さて、ジョンレノンは4拍子と3拍子を組み合わせた曲をけっこう書いてます。というかレノンに限らず、ビートルズは拍子に工夫を凝らしたり遊び心のある曲が多いのですが、ここではレノンの曲に絞ってご紹介します。


まずは誰もが知っている、All You Need Is Love
4拍子と3拍子を組み合わせたフレーズになっていて、聴いていて「あれあれ?」、と思う方も多いのでは?


 |ーぶ らーぶ らぶ チャンチャンチャチャ|
 |ーぶ らーぶ らぶ チャンチャンチャチャ|

 |ち・にい・さん・しい・いち・にい・さん|
 |ち・にい・さん・しい・いち・にい・さん|
と、最初の『』で「いち」に戻るようにくちずさむとお分かりいただけるかと・・・



他に...
Good Morning Good Morning

これは、もう愉快!!カオスなリズムなんですが、どうなってるんでしょう?でも心地良い拍子ですよね。
ネットで検索しても拍子の取り方にいろんな解釈がありますが、たぶんジョンレノンは狙ってこの拍子にしたわけじゃなくて、歌詞優先だったり気分で自然とこうなったんでしょうね。ジョンレノンはそう思わせる曲が多いです。アクロスザユニバースの拍が余ったり足らなかったりするところとか・・


Across the universe
 ↓いちにいさんしいと数えながら聴いてみて下さい。

きっちり4拍じゃないんですね。拍が余ったり、足らなかったり・・。でも違和感ないですよね。


Mean Mr.Mustard
今回たまたまこの動画を発見したんですが、フルコーラス!?へー。

基本は4拍子、途中に3拍子が入ります。


Lucy In The Sky With Diamonds

3と4の組み合わせ・・というより、歌いだしは3拍子でサビで4拍子になるパターンです。


Being for the benefit of Mr.Kite

これは、歌いだしは4拍子で間奏部が3拍子。


Happiness Is a Warm Gun

構成も拍子も面白いなぁと思ったら、wikipediaを読むと『3つの曲のうまく演奏出来た部分を切り貼りした』との事らしい・・
wikiに書いてあったけど、ポリリズムになってるの?


She Said She Said

最初は4拍子で途中3拍子だったり・・


などなど・・・
他にもあると思うのですが、自分で探し出せたのはこれぐらいでした。
ジョンの曲で拍子の面白い曲があったら教えて下さい~




さて、ビートルズつながりで別のお話を...
再来年の1月30日が近づくと、世界中でぜったい話題になるであろう歴史的出来事があります。来年(2018年)ではなく再来年の2019年ですよ。
そんな話をいまからかよ、おいおい・・と思われそうですが、2019年に書いても埋もれてしまうと思うので、人よりさきに1年前に自分はネタにしようと思ってます。そんなんで、来年,2018年1月30日にビートルズの話を書きます。
...と予告しておきます。

映像だけ先に載せておきますね。



Jazz Standard Bible、通称『黒本』の1と2を合わせた索引(index)を作りました

ジャズ・スタンダード・バイブル(通称 黒本)、1巻+2巻の収録曲を探しやすいようにまとめました。

『あの曲は収録されてたっけ? 収録されてるとしたら1? 2?』と思うことがたまにあるのですが、両方合わせた総合索引があると便利だよなぁと思っていたので作りました。自分は表紙をめくってすぐの所に貼り付けました。
JazzStandardBible.jpg

PDFをこちらからダウンロード可能です。ご自由にお使いください。

本当は邦題や(酒とバラの日々とかおいしい水とか)、通称(アナザーユーとかよるせんとか)も含められたら便利なのですが、そこまでは手が回りませんでした。『わたしがやってみます』という方は、原本のエクセル版もダウンロード可能にしておきますので、ご自由に改変して下さい。その際は、わたくしめにも改良版を下さい/笑

ところで...
黒本2を使ってる方に知っておいて欲しい大事なお話があります。
黒本2の方は2017年2月に改訂版が出ているのですが、"著作権の関係"との事で15曲削除、代わりに同数の15曲が追加されました。セッションで、持ち寄った黒本2が版違いということもあり得るのでご注意ください。
自分が作成したリストには、旧版と改訂版で変更になった曲が分かるように記載しました。みなさまのお役に立てましたら幸いです。

ちなみにパットメセニーの曲は5曲すべて削除されてしまったのですよね~、残念!! とくに"Bright Size Life"と"James"はセッションで演りたいなぁと思っていたので・・・。メセニー好きな方は在庫があるうちに旧版をゲットです!
ただ、興味深いのは改訂版には"Teen Town"が収録されたのですよね。ジャムセッションで演る事あるんか!?という疑問はありますが、誰かにトライしてもらいたい・・・

ではでは~♪

【花秀】 松戸市小金原の『花屋なのにギターリペア?』

面白いお店を発見したのですが、ネットで調べてもまったくヒットしなかったので記事にしてみました。



うちの近所、松戸市の小金原商店街を車で走っていたところ、ギターを看板代わりにぶら下げている花屋さんに気付きました。
遠くからギター
↑遠くから

 近くから↓
花秀外観
Flower Shop 「花秀」 Hana-hideと書いてある。


『これはいったい!?』と思って、車を停めて店内に入ったところ、どうみてもお花屋さんなのに、ギターも負けじと陳列されアンプが何台も・・・(ジミヘンのタペストリーも・・)。
花秀ギタースタンド

花を買うわけでもなく、いきなりギターの話を聞いてみました(お彼岸で忙しいと言うのに迷惑な客だ・・/苦笑)

店主の方は50歳代半ばで、ギター歴40年ぐらいらしいのですが(ブルースがお好き)、演奏もさることながらリペアがとても好きなんだそうです。
なんと花屋なのにお店の真ん中にリペア用の台までありました。
リペア台

いろいろ話を聞いて、楽器への愛情と博識さ、観察眼に舌を巻きました。趣味の域を超えてプロ級です。というか引き取ったギターをリペアして販売しているのでプロですね・・・。

自分の調べた限りでは、松戸市内にはギターリペア専門店がほとんどないので(楽器屋さんがリペアもやってる・・というところはある)、こちらのお花屋さんは貴重なギターリペアショップなんじゃないでしょうか?
住所とか電話とか書くと、まるで広告記事になってしまうので、興味ある方はご自分で調べてみて下さい。
ちなみに年中無休だそうです。


店内はブルースやロックが流れているし(CDが山ほど・・)、もう一人の店員さんはウェザーリポート好きのベーシストさんだし(Funkも好きとのこと)、アンプをつなげてギターまで弾かせてもらい、店主の方とブルースでプチセッションさせてもらい、とても居心地のいいお店でした。


実は、その後一旦家に帰って、ずーっとしまいっ放しだったギターを2本発掘して、ふたたび花秀さんへ。

ひとつめは、ペグは壊れてるしスイッチや電気配線が死んでしまっていたレスポールタイプのギター。
捨てるには忍びなく、でもお金をかけてまでリペアする気も無かったので(自分はドラマーですし)、これ幸いと引き取ってもらいました。
花秀代表
BURNYのFLGという品番。
かなりひどい状態だったのですが、「これはやりがいがある」と喜々としてました。

もうひとつはYAMAHAのFG-240というアコギ(ボディー内のラベルは四角いグリーン)。
シリアル確認中
「ヤマハのアコギは製造年月日が中に書いてあるんだよね」といいつつ道具を取り出し確認中。

果たして店頭に並ぶ日が来るのか・・。楽しみです。
(委託販売をお願いしたのではなく、差し上げました)



今度、お花も買いに行かなくちゃ・・・でした。