FC2ブログ

【Jazz/Fusionアーティスト出演CM】YAMAHA/上原ひろみ、小曽根真、原朋直

前回の上原ひろみさんつながりで、YAMAHAのCMをご紹介します。
一気に、
 上原ひろみさん
 小曽根真さん
 原朋直&佛坂咲千生さん
のCM3本、まずはご覧ください。







上原さんは2010年、
小曽根さんは2008年、
原さん&佛坂さんのCMも2008年に放映のCMです。
 └佛坂咲千生さんはクラシック系のお方で自分はお名前存じ上げませんでしたが、このCMのコンセプト、いいっすよね。


上原さんは他にもいろんなCMに出演されてるようです。
2007年放映のYAMAHAのCM撮影の様子もありました。
 ↓


自分はテレビをほとんど見ないのですが、いまでもこんな風にアーティストの出演するCMってあるんでしょうか?
ジャズ/フュージョン系のCMを集めていると、昔はいいCMが多かったなぁ・・と思うおじさんでした。
スポンサーサイト

【Jazz/Fusionアーティスト出演CM】 Kirinラガービール/いかりや長介

前回のロンカーターに引き続き、ベーシストの出演CMです。まずはご覧ください。
自分の世代(50代)では、たぶんドリフターズ『8時だョ!全員集合』でのコメディアンとしてのイメージが強烈だと思うのですが、もっと若い世代にはベテランのいい味だしてる俳優・・・という印象でしょうか?


ドリフターズがもともとはミュージシャンとして活動していて、ビートルズ来日公演の前座だったというのもよく知られた話ですが・・

ギターとベースは・・・当て振りですよね。


今回いろいろ探しているなかで、いかりや長介さんの演奏してる姿を初めて見ました。
キリンラガービールのCM放映は2001年。CMで流れている音源がご本人かどうかは分かりませんが、撮影の際は本当に弾いたそうです。
この頃は、もういかりや長介さんもベースは弾いてなかったでしょうから、けっこう練習したんでしょうね。CMオファーがあった時にうれしそうに、「(練習して)指の皮、3回ぐらいむかなきゃな」と語ったそうです。でも、昔取った杵柄っすね。堂に入った演奏だと思います。

【Jazz/Fusionアーティスト出演CM】Ron Carter

さて、前回に引き続きCMねたです。

自分にとって、お酒のCMでジャズといえば、これがとても印象深い!

使われている曲は「ダブル・ベース」という曲。収録されているアルバム『The Man With The Bass』が1985~1986年頃のリリースなので、CM放映も同時期だと思います。
当時の自分はハードロックにどっぷりでジャズはまったく興味ありませんでしたが、このCM曲は「いかにもジャズ」って感じでもなくキャッチ―で、よく覚えていますね。


おなじシリーズでもうひとつありました。

こちらはぜんぜん覚えがありません・・・


さて、なぜかロン・カーターはCM出演が多いです。

1988年放映。ぜんぜん見覚えない・・・




2007年頃放映のCMのようですが、これも記憶ないです・・。



ところで!
なかなか興味深いCMを見つけたので、次回もウッドベースつながりでとあるCMをご紹介します~♪

【Jazz/Fusionアーティスト出演CM】Herbie Hancock

7拍子ねたに次ぐ、当ブログのメインコンテンツにしようと思っている、Jazz/Fusionアーティストの出演CMねたです。

ハービーハンコックで3つ発掘しました。まずはご覧ください。






サントリーの方は、昭和60年(1985)頃の放映のようです。
昔はお酒のCMにジャズミュージシャン・・・って、よくありましたよね。
最近、自分はまったくテレビを見ないので、いまでもそんなCMがあるか知らないのですが・・・・


カーコンポのCMは『昭和』って香りがぷんぷんです/笑。タイトル曲「Lite Me Up!」が昭和57年(1982)発表の曲なのでCMも同時期のものと思います。
このCMだけ見たら、ジャズミュージシャンとはとても思えませんね・・・
この曲が収録されたアルバム「Lite Me Up!」は、ジャズ系のファンの方々からはたいへん評判が悪いようです。まぁ、ジャズじゃないですもんね・・。
参加アーティストにはスティーブルカサーとかジェフポーカロなんかもいて、自分はとても興味深いです。

ジャズミュージシャン出演のお酒のCMまだまだあるので、次回もそんなCMをご紹介します~



【Jazz/Fusionアーティスト出演CM】Coorsビール/Les Paul

セッション仲間に声を掛けて頂き、3月にミニ発表会で数曲ドラムを叩く事になりました。
予定曲に「How high the moon」があったのですが、あまり馴染みのない曲だったのでYoutubeで参考動画をいろいろ検索してたら、やたらとギタリストのレスポール氏の動画が出てくるではありませんか。
なんでかなー?と思い調べてみたところ、1951年に奥様(Vo.)とのデュオで全米No.1ヒットとなり、レスポール氏の代表曲となったのがこの曲でした。へー。

↑若かりし頃の奥様とレスポール氏。



そんな、レスポール氏出演の洒落たCMをご紹介します。

↑1997年のCMでのレスポール氏。

  『じいさん、名前は?』
  『ギターに書いてあるよ』

かっちょえぇっすね~。自分の名を冠したギターが世界中にあふれているという凄さ・・・。


自分が初めてエレキギターを手にしたのは、今から35年前の高校1年の時。
当時のエレキといえば『ストラトキャスター』と『レスポール』というタイプのギターが主流でした。

その『レスポール』が人の名前と知ったのは、かなり後になってから・・

さて、高校の時、同級生に島田君というギタリストがいました。自分にギターを教えてくれた彼はレスポールモデルを弾いてました(ギブソンだったかどうかは、今となっては分かりません・・)
自分はというと、レスポールの重さに耐えられずストラトを弾いてました・・・/苦笑
(フェンダーではなく、コピーモデルで東海のSilver starでした)

自分にとって島田君は、一番身近な尊敬するギタリストでもあり恩人でもあったのですが、高校卒業後はぱったりと縁が切れてしまいました。
今に至るまで、自分が音楽活動を続けている事を島田君に伝えたいなぁ・・と数年前に思い立って、あの手この手で探したのですが、どうしてもたどり着けませんでした。
今でもたまに思い出して、Facebookとかmixiで探すのですが見つかりません。

35年前に新松戸に住んでいて、ギターを弾いていた今年で50~51歳になる島田君をご存知の方がいましたらご連絡下さい~。

なんか、話が逸れに逸れたなぁ・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。