FC2ブログ

【ライブレポ】是方博邦 / 安藤正容 / 岩永真奈 / 川口千里

毎度のことながら遅~いライブレポですが・・。

3週間前の5月19日(日曜日)に『Guitar Boys meet Rhythm Girls』とタイトルの付いたライブに行ってきました。
なかなか洒落たタイトルですね・・。

詳細はこちら(このページ↓なぜか下へスクロールしないとコンテンツが出て来ません)
http://www.senridrums.com/news/2013/04/guitar-boys-meet-rythm-girls-a.html

こちらがコンパクトだけどうまくまとまってるどなたかのレポ
http://d.hatena.ne.jp/yoshihara999/20130519



さてさて。

これだけのメンツだし、セットリストをアップしてくれてる方がどっかにいるだろうと思ったのですが、見当たらなかったので載せておきます。


(2013.06.09 某所から正しい曲名を教えて頂き、全曲タイトル判明しました。感謝です~)
---------------------------------------

【1部】

♪Jimi's Bug/安藤さん
ニコニコ動画に別のライブですが、ご本人の演奏動画がありました↓

http://www.nicovideo.jp/watch/sm15399775
あらためて聴いてもかっちょえぇ~。

ミディアムテンポのハードな曲。ドラムソロが入るのですが、安藤さんが「すごいなー」というようなあきれかえった表情で千里さんのプレイを見てました。本当にのけぞってましたよ。
途中のMCで言ってましたが、是方さんはYoutubeで千里さんのプレイは見ていたけど、安藤さんは当日リハで初めて見たそうです。
「最初会った時、こんなちっちゃい子が? 間違いかと思いました」(安藤さん)

安部潤さん経由で千里さんの名前は知っていたという安藤さんが、今回のセッションのメンバーを決める際に「ギター・ボーイと、リズム・ガール」というコンセプトを思いついたんだそうです。



♪ミズハート(MS.HEART)/是方さん
こちらで試聴可能です↓
http://www.amazon.co.jp/dp/B0045J9K8U
アルバム「ミスター・ハート」の収録曲がミズ・ハートというという言葉遊びが好きですねぇ。
シンプルなコードの循環で、前半の抑えた演奏からだんだんハードになっていく、まる好みの演奏でした。



♪Led Boots/Jeff Beck
おー7拍子ですよ、7!
後半7拍子でドラムソロになるのですが、きっかけがどこか分からないんですが全体が崩れかけましたね、珍しい。客席の多くの人が気付いたみたいです。けど崩壊することなくなんとか戻って来れました。
「どうなるかと思いました」(是方さん)
「ポリリズムみたいになりましたね/笑」(安藤さん)



♪ナイトライツ(Night Lights)/安藤さん
タイトル通り、しっとりとした曲でした。
ベースの岩永さんなんですが、こういう横ノリの曲で弾いてる恰好がいいんですよね・・。ベーシストらしい体でのリズムの取り方というか・・。見ていて心地よかったです。



♪マンモス/是方さん
こちらで試聴可能です↓
http://www.amazon.co.jp/dp/B00BJVXI6W
ハードな5拍子の曲でした。
是方さん:「変拍子の曲です。この人は(千里さんを見て)、変拍子が好きなようで」。会場笑。




---------------------------------------

【2部】

♪フレフレ シャッフレ!/是方さん
こちらで試聴可能です↓
http://www.amazon.co.jp/dp/B00BJVXI6W
タイトルは野呂一生さんがつけたらしいです。シャッフルの曲なのでだじゃれみたいです・・/笑
ブルース進行で、のりのりの演奏でした。
テーマをギター2人でハモるんですが、これが見事にきれいにハモってた。



♪Burn/Deep Purple
セットリストに含める演奏ではなかったのですが・・・。

千里さんがドラム始めた頃、パープルをコピーしてた・・という話から観客席で『演って~!』と声があがり、是方さんがそれに応えてイントロ弾きだして千里さんがのっかって・・という感じ。
『スカイ イズ レッドがどーしたーん~♪』(正しくはThe sky is red, I don't understand)あたりまでしか叩かなかったです。うーんもっと演って欲しかった。
『一番盛り上がったね』と是方さんも言ってた通り、会場やんややんや。


この時のMCで非常に興味深い話がありまして・・。
安藤さんの外タレ初体験は「グランド・ファンク・レイルロードの初来日(1971年)の大阪公演・・」と話していたら、なんとその会場には是方さんもいたという・・。「あそこにおったの!?」と是方さんもびっくり。へー。



♪アステカ(Azteca)/是方さん
KORENOSというバンドで演った曲らしい
こちらで↓試聴可能です(リアルプレーヤーが必要)
http://www.ragnet.co.jp/ragmania_ass.html
アマチュアのカバー動画がありました↓
https://www.youtube.com/watch?v=dic8NBVjp4Q
ハードボイルド~っつー感じの曲でした。



♪A・I・TA・KU・TE/安藤さん
スクエアーでやった曲と言ってました。タイトル通りのバラードでした。
こちらで試聴できます↓
http://www.amazon.co.jp/dp/B004P0A15K
いーかんじですね~


♪Tears Of Mermaid/是方さん
こちらで↓試聴可能です
http://tower.jp/item/tracks/772509/
こちらもバラード。



♪Superstition(迷信)/Stevie Wonder
スティービーワンダーの曲って、ミュージシャン好みなのかよくセッションで使われますよね。Isn't she lovelyとかSir Dukeとか・・。この迷信もシンプルな構成でテーマの最後にキメがあって・・ということで演ってて楽しそうでした。



♪WE'RE ALL ALONE/Boz Scaggs
イントロだけは、なぜかCreamのSunshine of Your Loveの例のフレーズから入って、すかさずWE'RE ALL ALONE。
かなりアップテンポ。160bpm以上って感じ?
この曲もギターがハモってたんですが、きれいなハモりだった~。

---------------------------------------

【アンコール】

♪Watching the River Flow/Bob Dylan
シャッフルのブルースです。是方さんブルース好きなんかな?

この曲、自分はガッド・ギャングで知ってたのですが↓(結構お気に入りです)
http://www.youtube.com/watch?v=CkDPnKve4bU
オリジナルはボブデュランだったとは・・
https://www.youtube.com/watch?v=vS-16m1OhtA
  ぜんぜんアレンジが違うので、しばらくは同じ曲とは分かりませんでした。

Watching the River Flowで検索するとガッド・ギャングの演奏が多く出てくるから、彼らの定番曲なんでしょうね。今回の是方さんの演奏もガッド・ギャング風な演奏でした。
リラックスしたいい感じでしたね~。


以上です~。曲目など訂正などあれば情報よろしく~。



今回、主役は是方さんと安藤さんで、千里さん/岩永さんはゲストという感じだったのでもちろんMCは是方さんが仕切ってました。いままで自分が見てきた千里さんのステージでは一番、裏方って感じでした。まぁ是方さんが千里さんに話を振るからマイクも結構持ったし、演奏は堂々としたものでした。

僕ら世代から見れば大大大御所のギタリストを前にしても、落ち着き払ってこれだけのステージを見せてくれる「Rhythm Girls」、すごいっすね~。安藤さん、是方さんと共演したんだからOTTOTTORIO(オットットリオ)でも千里さんを呼んでくれないかなぁ・・と考える人は多いはず・・・。野呂さんはどう思ってるんだろう・・・・。

では~♪




P.S.開演直前でほぼ満席の頃に入場したにも関わらず、運のいい事に最前列テーブルに千里さんつながりのお知り合い一行(千里さん曰く「連中」?)がいらっしゃって、同席させてもらいました。どうもありがとうございます~→どんどさん/あかねさん/もっちゃん/しんさん へ


投稿の都度、Twitterで告知します。フォローよろしく~
http://twitter.com/lackofsleeeep
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。